教育イノベーション推進センターについて

センター長挨拶

 教育イノベーション推進センター長の渡部です。
 昨今、大學教育においては「単位の実質化」の名の下に教育の質保障が求められ、教員が何を教えたかではなく、學生が何を身につけたかで教育の質を評価するようになっています。そのため、教員は擔當する授業の達成目標を明確に提示するとともに、目標達成のための授業計畫を精密に立てることが求められます。さらに、目標を達成できたかどうかの評価を客観的に行うことも求められます。また、學科?専攻においては、組織として人材育成が目標通りに出來ているかを評価する體制を整えなければなりません。
 このような要求への対応は、個々の教員や學科?専攻単獨の努力のみでは難しく、大學全體として考える必要があります。教育イノベーション推進センターは、単位の実質化を果たすための教育改革の推進を主任務として、大學の教育力アップのための教員サポートと教學マネジメントを行います。最終的には、ICTを活用した先進的教育方法を開発することにより、教育の質が保証されたイノベーティブな教育が達成されたSHIBAURA MODELを実現したいと考えています。

教育イノベーション推進センター長:渡部英二
watanabe渡部英二:副學長
システム理工學部
電子情報システム學科教授

教育目標

目標技術者像に示された人材を育成するため、本學では下記の3つの教育目標を掲げ、ここに示されている知識?能力を4年間で身につける事ができる教育プログラムを提供しています。
  1. 世界と社會の多様性を認識し、問題解決に適用できる。
  2. 問題を特定し、問題解決に必要な知識?スキルを認識し、不足分を自己學修し、社會?経済的制約條件を踏まえ、基礎科學と専門知識を運用し、問題を解決できる。
  3. 関係する人々とのコミュニケーションを図り、チームで仕事ができる。

教育使命

建學の精神の実現を目指して本學は、グローバル化した世界の中で技術者として直面することになる問題に関し、 その解決の基盤となる知識?能力を育成するとともに、生涯にわたって現役として活躍できるように自らを高め続ける事のできる自己學修能力を育成すること、を教育活動の使命とする。

目標技術者像

本學の教育は、世界と社會の中で自律的?主體的に活躍し、世界に貢獻できる技術者を育てます。

教育イノベーション推進センター NEWS LETTER

教育イノベーション推進センター NEWS LETTER 12 (2.2 MB)
教育イノベーション推進センター NEWS LETTER 11 (18.0 MB)
教育イノベーション推進センター NEWS LETTER 10(2.8 MB)
教育イノベーション推進センター NEWS LETTER 09(3.2 MB) 
教育イノベーション推進センター NEWS LETTER 08(4.0 MB)
教育イノベーション推進センター NEWS LETTER 07(3.6 MB)
教育イノベーション推進センター NEWS LETTER 06(4.8 MB)
教育イノベーション推進センター NEWS LETTER 05(2.7 MB)
教育イノベーション推進センター NEWS LETTER 04(2.9 MB)
教育イノベーション推進センター NEWS LETTER 03(3.9 MB)
教育イノベーション推進センター NEWS LETTER 02(2.5 MB)
教育イノベーション推進センター NEWS LETTER 01(952.5 KB)
草蜢社区在线观看免费下载