住環境計畫研究室

臨床の知ー機の前から離れて人が生きる現場で考えるー

快適で暮らしやすい住まいをつくろうとするとき、頭の中で案を練るだけではあまりうまくいきません。私たちは、こうした考えにもとづき、普通の人が普通に暮らしている場所にいき、そこで人々と生活をともにしながら、住まいをつくるときのたくさんのヒントを得ようとしています。それをフィールドワークといいます。フィールドワークをもとにして論文を書いたり、デザインを考えたりするのが、當研究室の特徴です。
住環境計畫研究室ラオスで進行中の古民家改修、利活用プロジェクト
建築學部建築學科(AP?SA?UAコース)
擔當教員
清水 郁郎
所屬學會日本建築學會/日本文化人類學會/映像文化誌研究會
キーワードエコロジー、空間、住環境、快適性、景観、建築計畫、文化人類學、異文化理解、風土

學べる分野

建築學、住居學、社會學、文化人類學、比較居住文化學

社會のために

住宅や居住環境の計畫、再生、保存に対して、緻密な調査に基づいた有用なヒントを與えます。集落の活性化、文化的景観の再生手法、伝統的民家の持続的利活用のノウハウを國內外での研究で數多く蓄積しており、それらを実際のプロジェクトで役立てています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载