建築生産マネジメント研究室

未來の建築のあり方を創造する

建築生産マネジメントとは建物の一生をより良い方向に導くための考え方を意味しています。少子高齢化、気候変動、デジタル化など社會環境の変化に対応して建築も進化していかなくてはなりません。その中でも「持続可能性(サステナビリティ)」というキーワードがますます重要な意味を持つようになっています。この研究室では、建物、建物をつくる産業、建物を取り巻く環境の持続可能性をテーマとし、それを実現するための制度や技術を対象に研究をしています。未來の子供たちに豊かな資産を殘せるように一緒に研究に取り組みましょう。
建築生産マネジメント研究室BIMを用いた施工計畫
建築學部建築學科(AP?SA?UAコース)
擔當教員志手 一哉
所屬學會日本建築學會/建築情報學會/日本開発工學會/日本ファシリティマネジメント協會/日本建築積算協會
キーワード建築プロジェクトマネジメント、ファシリティマネジメント、BIM、デジタルツイン、データサイエンス

學べる分野

建築學、社會科學、技術経営學

社會のために

建築に攜わる全ての人々が活き活きと働き続けることができる環境を目指して工學的な知見に社會科學の視點も加えて研究をしています。

研究テーマ例

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载