建築構造研究室

安心で安全な未來のために

近代より多數の鉄筋コンクリート造建築物が建設されてきました鉄筋コンクリート造の破壊メカニズムの調査も進んでまいりましたがまだまがわからない部分があるのが現狀です。柱や梁、柱梁接合部などを作成し、実際に力を加え、実験?解析を行い研究していますその研究結果をもとに、より安心?安全な暮らしのための新たな耐震設計法の提案を行っています。
建築構造研究室スラブ付き鉄筋コンクリート造接合部実験
建築學部建築學科(AP?SA?UAコース)
擔當教員
岸田 慎司
所屬學會日本建築學會/日本コンクリート工學會
キーワード建築構造、耐震構造、鉄筋コンクリート構造、安心、安全、構造力學、プレストレストコンクリート構造、防災、減災、耐久性

學べる分野

建築學、建築學物理學、デザイン工學

社會のために

現在ではデザイン性が高い建築物も多く設計されるようになってきました。その高いデザイン性を崩すことなく、耐震性能も強い建築物を設計可能にする技術を開発することに貢獻しています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载