建築環境設備研究室

More with Less

建築環境設備工學は、建築や都市の環境を創造していく學問です。建築學をベースとして、空気、水、光、音など、私たちを取り巻く環境のすべてが研究対象となります。最近の研究テーマとしては、地球溫暖化対策を考える「建築物の省エネ計畫に関する研究」や「居住環境の快適性と健康に関する研究」などがあります。大學と企業が連攜し、先進技術や新たな住まい方を提案するコンテストにも積極的に參加しています。
建築環境設備研究室數値流體解析による室內環境シミュレーション
建築學部建築學科(AP?SA?UAコース)
教授秋元 孝之
所屬學會日本建築學會/空気調和?衛生工學會/米國暖房冷凍空調學會(ASHRAE)
キーワード快適性、環境、サスティナブル、住環境、省エネルギー、ゼロ?エミッション

學べる分野

建築學、環境工學、住居學

社會のために

人類喫緊の課題として地球溫暖化が叫ばれている昨今、建築物の省エネ化は最重要課題です。私たちの研究は、環境負荷削減に寄與するとともに、人々の生活環境の向上につながると考えています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载