人間支援知能ロボティクス研究室

人間を支援する知能ロボティクス技術を創造する

少子高齢化社會の到來により、高齢者の生活を支える人間の數や生産現場等における労働力の不足が深刻な社會問題となります。そこで、當研究室では人工知能や生體情報処理を含む信號処理技術と計測制御技術に基づいて人間を支援する知能ロボティクス技術の創造をめざします。
人間支援知能ロボティクス研究室研究ミーティング中のワンシーン
デザイン工學部
デザイン工學科(ロボティクス?情報デザイン系)
擔當教員
清水 創太
所屬學會IEEE/日本機械學會/日本ロボット學會/電気學會
キーワードロボット、人工知能、視覚情報処理、センサ、移動ロボット、生活支援、少子化、高齢社會、畫像処理

學べる分野

知能機械、ロボット工學、認知科學、光學、デザイン工學

社會のために

少子高齢化社會の今、知能ロボット技術の出番です。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载