ロボティクスシステムデザイン研究室

ロボット技術や情報技術で賢い空間をデザインしよう

ロボットとは何でしょうか?現在研究?開発が行われているロボットはさまざまですが、それらの共通點として、周囲の狀況を観測し、それをもとに何をすべきかを判斷し、目的を達成するために環境に働きかけるという一連の機能を有することがあげられます。このような観點から、人間型や動物型といった形狀にとらわれず、ロボット技術や情報技術の融合により空間そのものを知能化する研究を進めています。
ロボティクスシステムデザイン研究室畫像処理による人間観測
デザイン工學部
デザイン工學科(ロボティクス?情報デザイン系)
擔當教員
佐々木 毅
所屬學會電気學會/日本ロボット學會/日本建築學會
キーワードヒューマン?インタラクション、ヒューマンインターフェース、インターフェースデザイン、ユビキタス、ロボット

學べる分野

デザイン工學、電気工學、情報工學

社會のために

人を見守る空間ができれば、セキュリティをはじめ、安全?安心なまちが実現できますまた、交通システムが知能化空間になれば、渋滯の削減といった車の効率的なナビゲーションも期待できます。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载