エモーショナルデザイン研究室

長く愛されるものとは?これからのものづくりの秘訣を解明します!

私たちのまわりには多くのものがあふれていますが、本當に必要なものは何でしょうか?これからの商品は機能を果たすだけでなく、使っている人が気持ち良く使えたり、満足感や愛著を持てることがあらゆるジャンルに必要です。當研究室では「なぜ、人はそれを魅力に感じるのか?」をテーマに、エモーショナル(感性)の要素解明とそれを応用した魅力的なものづくりを工學の知識を取り入れながら研究します。
エモーショナルデザイン研究室新しい使い方を提案したキッチン用品
デザイン工學部
デザイン工學科(生産?プロダクトデザイン系)
擔當教員
橋田 規子
所屬學會日本デザイン學會/日本感性工學會/インテリア學會
キーワード感性工學、造形、プロダクトデザイン、ユニバーサルデザイン

學べる分野

製品設計學、感性工學、色彩學、造形學、素材學

社會のために

エモーショナル(感性)に訴える要素はさまざまなものがあります。これらを解明することで、より魅力的な「もの、こと」の提案手法を構築します。魅力的な「もの、こと」づくりは持続性社會に貢獻します。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载