幾何デザイン研究室

數學の視點からコンピュータグラフィックスを考える

コンピュータグラフィックスやそれに関連する分野は、映畫やアニメ、ゲームのようなエンターテインメント、物理現象のシミュレーション、醫療における可視化、工業製品や服のデザインなど幅広い分野と関わっています。當研究室では、この背景にある數學的構造、特に幾何學的構造の解析を行い、より良いアルゴリズムの開発を目指します。また、その基礎となる離散微分幾何についても研究を進めます。
幾何デザイン研究室Zlote Tarasy(Warsaw)
建築學部デザイン工學科(共通)
擔當教員
廣瀬 三平
所屬學會日本數學會/日本応用數理學會
キーワードコンピュータグラフィックス、幾何形狀処理、離散微分幾何、シミュレーション、數値解析

學べる分野

數學

社會のために

?エンターテインメント以外にもデータの可視化や災害のシミュレーションなどで利用されており、これらは今後さらに重要になってきます。あるいはバーチャルリアリティとも密接に関連しています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载