機能デザイン研究室

社會に役立つものづくりの技術開発をめざして!

ものづくり?材料加工の研究を通じて、世の中の役に立つ技術開発を目指しています。特に醫療機器等への適用を中心に開発しています。具體的には、骨を固定する器具や血流を確保するステント等の醫療機器の開発です。これらは安全第一で安価であり、その上で材料のパフォーマンス(性能)を十分発揮できるように制御?デザインしなければなりません。これらの研究を學生と一緒に進めています。
機能デザイン研究室管材のチューブフォーミング
デザイン工學部
デザイン工學科(生産?プロダクトデザイン系)
擔當教員
吉原 正一郎
所屬學會日本機械學會/日本塑性加工學會/軽金屬學會
キーワードマイクロ加工、表面処理、生體材料、塑性加工、コーティング、バイオマテリアル

學べる分野

機械工學、材料工學、醫用生體工學

社會のために

ものを実用化するためには、実に様々な研究テーマを実現?達成しなければなりません。それらを一つひとつ実現することで、実用化に、ここでは醫療機器の開発に近づけていくことになります。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载