リサイクルデザイン研究室

モノづくりにおける生産と回収の循環をデザインする

廃棄プラスチックは分別ができないゆえに海外では埋め立てられ、日本においては燃料のエネルギーとして焼卻されることが多く、海洋プラスチック汚染や地球溫暖化などの問題を引き起こしていると考えられています。そこで當研究室では、スマホの5Gよりも高い周波數の電波と光を用いるプラスチックの素材ごとの選別手法やリサイクルしやすいように部品ごとの分解を容易にする接著方法などのリサイクルデザインを幅広い工學的知識を基盤として研究しています。
TANABE
建築學部 生産?プロダクトデザイン系
擔當教員 田邉 匡生
所屬學會 日本金屬學會、応用物理學會、廃棄物資源循環學會
キーワード 廃棄プラスチック、分別?選別、電波?光応用、光計測、コンクリート內部の非破壊診斷循環型社會、生産システム、光エレクトロニクス、レーザ、半導體

學べる分野

物質科學、電波?光工學、非破壊検査工學、摩擦學、電子材料學、光醫工學

社會のために

それが廃棄物であっても、素材ごとに分別できればそれは資源になります。つくったモノを素材ごとに分解して回収する循環型社會を実現するリサイクル技術が望まれています。その技術ができれば、鉱山や油田は都市にあると考えることができるようになります。

研究テーマ


関連リンク


関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载