デザインプロモーション研究室

隠れた要因を「見える化」してシステムで解決する

デザインや商品開発の現場では、日々様々な改善が行われています。ですが、様々な問題の根底には開発工程や意思決定手順、調査方法、分析方法など、全體のマネジメント方法にボトルネックが存在しているケースが間々あります。當研究室では、こうした「開発現場の全體的なシステムの中に內在する問題點」を明らかにし、解決する方法論を構築することが主なテーマになります。
bg_ashizawa形式知化するための様々な分析
デザイン工學部デザイン工學科(生産?プロダクトデザイン系)
擔當教員蘆澤 雄亮
所屬學會日本デザイン學會/蕓術工學會/人類動態學會/國際P2M學會
キーワードプロジェクトデザイン、事業スキーム、人間中心デザイン、サービスデザイン、システム開発、感性価値創造、地域産業、教材開発、事業形成

學べる分野

デザイン工學、経営情報學、心理學、生活科學、総合科學

社會のために

?當研究室ではジャンルを問わず、様々な「現場で起こっている問題點」に対して具體的な解決策を講じるとともに、他の現場でも活かせるような一般的方法論を導き出すことを目標にしています。

研究テーマ

関連リンク


関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载