社會情報研究室

技術と社會をつなぐ?社會的視點からの工學

工學や技術は社會との接點が大切です。自分でつくった技術が人や社會のなかで使われ、多くの人を豊かにし、幸せにできるとしたらすてきですよね。そのためには、技術がどのように使われ、どのようなインパクトを社會に與えるかを知ることや、時には冷靜に、社會的な視點から技術を見つめることも大事です。當研究室では、技術や情報技術と社會とのかかわりを中心に、社會科學的手法を用いながら研究しています。
社會情報研究室S3D映像を活用した色覚シミュレータ畫面
工學部情報工學科
擔當教員
中村 広幸
所屬學會社會情報學會/情報通信學會/都市計畫學會/映像情報メディア學會
キーワード情報社會、人にやさしい技術、高齢者?障害者、景観、視覚情報処理、地域活性化、バーチャルリアリティ、ユニバーサルデザイン

學べる分野

社會情報學、都市工學、メディア情報學、情報工學、社會學

社會のために

たとえば、増加する高齢者や障害者が利用しやすい情報技術?ソフト?サービス、あるいは公共空間はどのようなものか、というテーマ。情報、建築、電気、機械、さまざまな専門分野と合わせて考えます。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载