計算機アーキテクチャ研究室

次世代コンピュータのカギを握る「省エネ?チップ」の開発

最先端のコンピュータ?チップでは、性能を上げようとすると消費電力が大きくなりすぎ、性能の向上が見込めないという壁に突き當たっています。これを解くカギは「コンピュータ?チップの消費電力を効果的に小さくできる技術」。當研究室では、実際にチップを設計しながら、コンピュータ?チップ內での情報処理方式を工夫して省エネ化する技術の研究に取り組んでいます。
計算機アーキテクチャ研究室試作した低消費電力CPUチップと実験風景
工學部情報工學科
擔當教員
宇佐美 公良
所屬學會米國電気電子學會(IEEE)/米國計算機學會(ACM)/電子情報通信學會
キーワードクリーンエネルギー、集積回路、低消費電力技術、LSI

學べる分野

情報工學、電子工學、情報科學

社會のために

研究中の省電力技術が、將來の攜帯電話から、センサーノード、醫療用デバイスにいたる分野で利用されていくと考えています。卒業生は、大手電機メーカーや精密機械メーカー等で活躍しています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载