インタラクティブグラフィクス研究室

新たなコンテンツ?體験の創出とその実用に取り組みます

當インタラクティブグラフィクス研究室は、コンピュータグラフィクス?畫像処理技術に軸足を置き、新たなコンテンツや體験の創出に寄與する研究に取り組みます。特に『創造的な活動の支援』『新たな體験のデザイン』『醫療?自然科學?スポーツに関するデジタルアーカイブ』の3件のトピックに注力しています。また、それぞれの研究課題において、実応用まで目を向けた実裝を目指します。
インタラクティブグラフィックス研究室X線CTと寫真から構築された3Dモデル
工學部情報工學科
擔當教員
井尻 敬
所屬學會情報処理學會/畫像処理學會
キーワードコンピュータグラフィックス、畫像処理、ユーザインタフェース、VirtualReality

學べる分野

情報工學

社會のために

醫用畫像処理に関する研究では、複數の醫療機関の研究者と協力し、臨床現場において利用できる畫像処理技術の開発を行っています。また、花?昆蟲のアーカイブに関する研究では、研究?教育に利用できる三次元モデル群を公開し、研究成果の社會還元に取り組んでいます。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载