生命情報電子研究室

生命の優れた機能を工學的に利用する

當研究室では、生物を電子工學の立場から學習し、生物の持つ優れた機能を利用したり、模倣したりすることにより、高性能な材料、デバイス、システムの開発を行っています。たとえば、血糖値や遺伝子測定を簡便にできるバイオセンサは、醫療計測において効力を発揮しています。環境汚染を簡便に測定できるバイオセンサは環境管理には不可欠です。
生命情報電子研究室バイオチップによる接続可能社會の実現
工學部電子工學科
擔當教員
六車 仁志
所屬學會電子情報通信學會/応用物理學會/日本化學會
キーワードバイオナノテクノロジー、バイオチップ、ナノテクノロジー、バイオセンサ、バイオテクノロジー

學べる分野

生物工學、電子工學、化學

社會のために

ヘルスケアユビキタスモニタリングシステムが実用化すれば、健康狀態を自己管理でき、生活習慣病を減少させることにより、個人の利點だけでなく、稅金による醫療費支出を削減できます。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载