ナノエレクトロニクス研究室

原子レベルのものづくりで新デバイスを創る

人工知能(AI)や攜帯電話など、私たちの身のまわりには、集積回路やパワー半導體などの電子デバイスが活躍しています。これらの電子デバイスは、いろいろな電子材料でできています。當研究室では、これらの電子材料の性質やつくり方を原子レベルで研究して地球に優しいデバイスの実現をめざしています。國家プロジェクト、企業との共同研究や學會発表にも盛んに取り組んでいます。
ナノエレクトロニクス研究室次世代電子材料、グラフェンをつくる裝置
工學部電子工學科
擔當教員
上野 和良
所屬學會応用物理學會/電気學會/米國電気電子學會(IEEE)
キーワードナノテクノロジー、ナノカーボン、低炭素社會、LSI、次世代半導體、集積回路、新素材、低消費電力技術、薄膜

學べる分野

電子工學、応用物理學、材料工學

社會のために

軽くて強くて電気が良く通るナノカーボンは次世代の電子材料として注目されています。それを使った電子デバイスは電力の削減やデバイスの小型化ができ、低炭素社會やIoT/AIによるスマート社會の実現に貢獻します。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载