パワーエレクトロニクス研究室

パワエレ制御技術を磨き環境問題へ挑戦する

パワーエレクトロニクスとは、powerとelectronicsとcontrolの技術の融合で生まれた高度なエネルギーフロー制御を実現する技術分野です。これは地球溫暖化問題を解決するために重要な技術です。當研究室てでは、パワーエレクトロニクス技術を駆使してさまざまなエネルギーから電気や溫水などつくり、環境問題や災害対策に取り組んでいます。
パワーエレクトロニクス研究室被災地などで電気とお湯が供給できる電源車
工學部電気工學科
擔當教員
高見 弘
所屬學會米國電気電子學會(IEEE)/電気學會/計測自動制御學會/パワーエレクトロニクス學會
キーワードクリーンエネルギー、スターリングエンジンと太陽光発電、モータ制御、アドバンストコントロール、スイッチングコンバータ、モデルベース設計開発、パワーエレクトロニクス

學べる分野

電気工學、電子工學、エネルギー工學、機械工學、數學

社會のために

電気自動車(EV)やハイブリッド自動車(HEV)から太陽光発電?スターリングエンジン発電などの制御に用いられています。また、被災地や途上國の生活を支援します。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载