エネルギー物性研究室

微細なモノづくりで社會的な価値を創造する

イオン、電子、光などの量子ビームを細く、細く絞って、モノづくりに応用するための研究をしています。量子ビームはマイクロ、ナノメートルといった微細なモノづくりを実現するために不可欠で、これを物質の表面に照射した時に起こる現象を利用すれば、ミクロなモノづくりが実現できます。教員と學生が一丸となって、ミクロの世界で活躍する光、電子回路、機械をつくるために、毎日研究に取り組んでいます。
エネルギー物性研究室芝浦発、世界初小型量子ビーム加工裝置
工學部電気工學科
擔當教員
西川 宏之
所屬學會電気學會/応用物理學會/エレクトロニクス実裝學會
キーワードナノテクノロジー、光エレクトロニクス、マイクロマシン

學べる分野

電気工學、電子工學、応用物理學、材料工學、物理學

社會のために

量子ビームで加工した細い溝や針のような構造を利用すると、水や食品衛生管理、インフルエンザなどの疾病予防など、世の中にとっても役立つ新しいエバイスをつくることができるのです。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载