低溫電子物性學研究室

物質內部の揺らぎを制御した新規基底狀態の探索

低溫物性學とは、溫度を液體ヘリウム溫度(4.2ケルピン)くらいの非常に低い溫度まで下げ、熱振動による雑音を消して物質內部の電気的、磁気的狀態を調べる學問分野です。當研究室では、量子スピン磁性體と呼ばれる「磁気的な揺らぎ」の大きい物質の振る舞いを、強磁場をかけたり、もっと溫度を下げたりして調べています。新しい物質の狀態を見つけたり、その発現機構を解明することをめざしています。
低溫電子物性學研究室16テスラ無冷媒超伝導マグネット
工學部電気工學科
擔當教員
鈴木 栄男
所屬學會日本物理學會/日本中間子科學會
キーワード物性物理學、磁性體、量子物理學

學べる分野

応用物理學、物理學

社會のために

物性物理學は基礎研究の分野ですが、物質科學との境はありません。超伝導も発見約50年後に超伝導磁石に応用されました。いつの日か、現在の基礎物理が工學的応用に結びつくといいですね。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载