視覚情報研究室

より良い光環境で住みやすい社會を

照明設計においても、ただ所定の明るさを満たすものから、より質の高い、人に心地良い照明が求められるようになってきています。また、視覚信號や標識は、高速走行時や霧などの低視程時にも有効に機能するとともに、周辺の光環境に合ったものが求められています。これらの問題を解決するために、當研究室では人の視覚特性に関する研究を行っています。
視覚情報研究室模擬空間による照明環境の評価実験
工學部電気工學科
擔當教員
入倉 隆
所屬學會照明學會/日本視覚學會/日本感性工學會
キーワード快適性、感性工學、照明設計

學べる分野

心理學、電気工學

社會のために

場所に応じた心地良い光環境や照明器具の特性を明らかにすることにより、とくに白色LED照明や自動車內照明を設計する際の基礎資料として用いられています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载