情報通信工學科概要

情報通信ネットワーク、デバイス、メディア、ソフトウェアの技術を體系的に學修
情報通信ネットワーク技術、モバイル?ワイヤレス通信技術、ソフトウェア技術、ヒューマンインタフェース技術、生體通信技術、電子技術(エレクトロニクス)、光技術(フォトニクス)などを活用して情報を処理?伝達するさまざまな方法についてバランスよく學習します。

研究分野?領域

情報通信ネットワーク系
モバイル?ワイヤレス技術、メディア通信ネットワーク技術、耐災害ネットワーク技術、自動運転支援通信技術、セキュリティ技術
情報通信ハードウェア系
光通信技術(光ファイバ、信號伝送)、ワイヤレス通信技術(アンテナ?高周波回路)、無線電力伝送技術
ソフトウェア?データ解析系
AI(人工知能)応用、センサ?音響?畫像情報の解析による周辺環境認識、情報システムの設計法、プログラミング
ヒューマンインターフェース系
ブレイン?コンピュータ?インターフェース技術、音響技術、センシングとIoTによるスマートホーム支援技術、嗅覚向けディスプレイ技術
テキスト
テキスト
テキスト
テキスト

學びのキーワード

  • IoT
  • 5G無線通信
  • 自動運転支援
  • 生體通信技術(ブレイン-コンピュータ?インタフェース)
  • ヒューマン?コンピュータ?インタラクション
  • 音響システム
  • データマイニング
  • 人工知能応用
  • セキュリティ
  • 耐災害ネットワーク
  • 無線電力伝送
  • アンテナ
  • 光通信
  • 光計測
  • センサ

教員?研究者

教育研究上の目的?理念?ポリシー

すべて開く
教育研究上の目的
情報通信技術をもって、持続的な社會の構築に貢獻できる人材を育成することを目的とする。特に、産業と技術革新の基盤づくりを牽引できる人材の育成に重點を置く。
ディプロマ?ポリシー
情報通信工學科は、「幅広い視野と情報通信工學の高度な専門知識を通して社會に貢獻する意欲をもつ人材の育成」を教育の根幹とし、それを実現することを意図したカリキュラム(教育課程)を編成しています。さらに、グローバルな思考をもって組織で活躍できる能力を身につけることを目的として、工學者に求められるコミュニケーション能力とリーダーシップを身につける教育プログラムを展開しています。卒業までに以下に挙げることを身につけ、卒業要件を満たしたものに學位を授與します。

?社會の発展に貢獻してきた情報通信工學を學ぶことで工學者としての広い視點と豊かな人格を養い、これからの情報通信工學をさらに応用?発展させていくための基礎的な學力および専門領域を超えて問題を探求する姿勢を身につけます。
?信號伝送、信號処理、ネットワーク、移動體通信、情報解析など多岐にわたる領域からなる広義の情報通信工學の原理と本質を體系的に理解し、課題を解決する能力を身につけます。
?情報通信工學におけるハードウェアおよびソフトウェアからの両アプローチを複合的に駆使して、情報通信技術が社會に與える影響を考慮しつつ、制約條件がある中で技術的課題を解決する方法を身につけます。

學修の成果は、試験、課題レポート、口頭試問、プレゼンテーション、および卒業論文により評価します。
カリキュラム?ポリシー
情報通信工學科では、以下の教育を行ないます。

?広く実社會に貢獻できる工學者としての人格と教養を身につける共通教育
?情報通信工學の社會の発展への関わりについての理解に基づいた専門教育
?グローバル思考を養うための各種授業科目からなる教育プログラム全體を通して、大學?學部の理念に沿った人材教育

情報通信工學は、無線や光などによる情報伝達の原理、それを具現化する裝置?回路、情報伝達の効率?品質?信頼性を高める通信?ネットワークの方式、情報の送り手と受け手であるコンピュータでの情報処理の方式など、ハードウェアおよびソフトウェアの複合的手法を用いて情報通信を高度化する學問です。
音響工學、センサ工學、生體工學なども広い意味での情報通信工學と密接に関わっており、関連の専門科目が配當されています。 1 年次では各専門分野に共通する基礎知識やスキルの修得を目指します。 2 年次では、各専門分野の基礎となる初歩的な専門科目を修得し、より高度な専門科目の學修に備えます。 3 年次は、相対的に専門の選択必修科目などの割合が増え、學生が各自志向する専門領域に重點を置いた學びを促します。これらの専門科目は、研究室での個別指導による 4 年次の卒業研究へとつながり、カリキュラムとして完結します。
ディプロマ?ポリシーの學修?教育到達目標に掲げる知識とスキルを修得するため、講義科目で原理と理論を學んだ上で、演習科目を中心としたアクティブ?ラーニングにより理解を深めます。さらに 1 年次から3 年次にかけて、プログラミングや実験などの體験型科目を通して実用スキルを學びます。
4 年次の卒業研究は、 3 年次までの學修成果を応用するプロブレム?ベース?ラーニング(PBL)に位置づけられます。 希望學生は、グローバル人材に成長するための動機付けとして、海外の協定大學の學生と共に短期PBLプログラムに參加できます。これらの授業の學修成果は、各授業が重視する學修?教育到達目標の項目に応じて、記述試験、口頭試問、プレゼンテーションもしくは課題レポートにより評価し、學修成果が一定のレベルに達した際に単位を付與します。
アドミッション?ポリシー
情報通信工學科は、情報通信技術を學び、その知識と技能を活かして、豊かで安全?安心な社會の実現に貢獻できる人材を育成することを目標に掲げており、そのような學科の教育目標に応えることのできる以下のような能力をもった學生を求めています。

?數學、物理、化學の原理の本質を理解した上でそれを発展的に応用できる力をもち、さらに外國語のリーディング?ライティング?ヒアリングの力をバランスよく高度に修得している人[知識?技能]
?本質の理解を伴った確かな知識を用いて、物事を多面的に見ながら総合的に判斷し、一定の結論を引き出せる人[思考力?判斷力]
?考えていることを、相手の知識?背景?立場に応じてわかり易く、論理的に伝えることができる人[表現力]
?技術の動向や身の周りで起きている現象に関心をもち、それらに対して多くの人と協働しながら世の中をより良くしたいという意欲にあふれる人[協働?態度]

芝浦工業大學および工學部の理念に共感し、情報通信工學科に入學を希望する人は、高等學校等において以下の能力を身につけておくことが望まれます。
(1)高等學校等の課程で學ぶ知識?技能(特に外國語、數學、理科)
(2)思考力?判斷力?表現力等の能力
(3)主體性をもって多様な人々と協働して學ぶ能力

本學科においては、上記の能力を総合的?多面的に評価するため、以下の入學者選抜を実施します。なお、評価の重みづけ(配點等)は、各選抜方式の要項を參照してください。
?前期日程、英語資格?検定試験利用方式、?後期日程、?全學統一日程では、(1)を重視するとともに、記述試験により(2)を評価します。
?大學入學共通テスト利用方式(前期?後期)では、多科目の合計點により(1)の総合的な能力を重視した評価を行います。
?學校推薦型入學者選抜では、調査書により(1)(2)を評価し、面接により(1)(2)(3)を総合的に評価します。
?特別入學者選抜,學士入學者選抜,編入學者選抜では、筆記試験、外部検定試験等により(1)(2)を評価し、面接により(1)(2)(3)を総合的に評価します。

學科データ

取得できる學位學士(工學)
就學キャンパス1?2年次/大宮  3?4年次/豊洲
人數
教員數こちらから
入學定員數104名
學生數こちらから
大學院進學者數0名(他大學院を含む)

その他データ

入學者推移(人)
 2017年度2018年度2019年度2020年度2021年度
入學者114107111109117
男女比率92:2296:11104:7103:6105:12
?

関連リンク

草蜢社区在线观看免费下载