機能情報工學研究室

“情報を生み出す”センサの開発?応用

ガス(匂いの成分)を検出するセンサ、およびセンサから得られた情報を処理することによって匂いを認識するシステムを開発しています。ガスセンサの応用として、溫度、濕度、光、それぞれを検出するセンサと組み合わせて居住空間內の雰囲気を計測、データ処理することで居住者の活動把握を可能とするシステム開発を行っています。ひとり暮らしのおばあちゃんの見守りや、家庭用お手伝いロボットへ提供する情報づくりに役立ちます。
機能情報工學研究室生活活動認識のための環境変動測定
工學部情報通信工學科
擔當教員
齋藤 敦史
所屬學會電気學會/電子情報通信學會/日本音響學會
キーワードセンサ、計測技術、電子回路

學べる分野

電子工學、通信工學、情報工學

社會のために

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载