波動情報研究室

アクティブノイズキャンセラで快適な音空間を作り出そう

快適な音空間をつくるために、狀況に合わせてパラメータを変化させるマルチチャネル適応騒音制御の実現をめざしています。閉鎖空間では音源からの直接音に反射音が重畳して複雑な信號になるため、音源位置や音響伝搬経路の計測が大切です。演算が得意なコンピュータを駆使して最適な狀態を常に保つ適応制御で逆位相の音波を生成すれば、騒音を打ち消すことができます。
波動情報研究室アクティブノイズキャンセラの実験
工學部情報通信工學科
擔當教員
武藤 憲司
所屬學會日本音響學會/電子情報通信學會/日本人間工學會
キーワード音響、スピーカー、信號処理、騒音、聴覚

學べる分野

通信工學、情報工學、電気工學、電子工學

社會のために

機中に響くエンジン音を消音するヘッドホンや受話器を耳に當てずに會話できる電話には、小型コンピュータが組み込まれていて、音場の計測や音の制御といったディジタル信號処理を行っています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载