生體通信工學研究室

脳活動計測と情報通信技術の融合技術を探求しよう

脳活動を計測して信號?情報処理を行い、脳活動からコンピュータや機械を直接操作するブレイン‐コンピュータ?インターフェース(BCI)と呼ばれる技術が発展しています。當研究室では、簡易脳波計、スマートデバイス、IoT技術、XR(VR:仮想現実/AR:拡張現実/XR:複合現実)グラスなどを組み合わせ、BCI技術を安価かつ簡便に実現し、生活支援やエンターテイメント(脳波ライブや脳波ゲーム)へ応用する研究や、そのために必要な脳信號から情報を抽出するアルゴリズムの研究をしています。
生體通信工學研究室タブレット端末を介し電動車椅子を脳波操作
工學部情報通信工學科
擔當教員
堀江 亮太
所屬學會IEEE Engineering in Medicine & Biology Society/電子情報通信學會/計測自動制御學會
キーワードBCI(ブレイン?コンピュータインターフェース)、ニューロシステム、生體情報、脳科學、システム工學、バイオサイバネティックス、ユビキタス、IoT(InternetofThings)、信號処理

學べる分野

通信工學、情報工學、電子工學、醫用生體工學

社會のために

電動車椅子操作やコンピュータ入力などの生活支援、電子機器のインターフェース、エンターテイメント(脳波ゲームや脳波ライブ)など、幅広い分野で応用が可能な、BCI技術と情報通信技術の融合技術を研究しています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载