量子物性理論研究室

量子物理學のフロンティアを開拓する

次世代のナノデバイス、量子デバイスでは、ナノスケール(原子、分子レベル)での構造設計が求められます。望ましい物性を実現するためには、量子力學に基づいた理論設計が不可欠です。當研究室では理論に基づいて、物性制御のための指針の確立、新物性、新現象の予言を行っています。実験グループとの共同研究は、雙方にとって極めて有意義ですので、隨時推進していきます。
量子物性理論研究室
工學部材料工學科
擔當教員
高河原 俊秀
所屬學會日本物理學會/米國光學會
キーワードナノテクノロジー、次世代半導體、量子物理學、光エレクトロニクス、物理學、理論

學べる分野

物理學、応用物理學、量子光學、量子物性學、材料工學

社會のために

超伝導を利用するリニアモーターカー、盜聴の恐れのない量子暗號方式や超高精度の光格子時計など、量子技術が社會に浸透しつつあります。この流れをさらに加速させて社會に貢獻したいと考えています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载