エネルギー変換工學研究室

流體力學を武器にエネルギー問題へ挑戦する

エネルギーの大量消費やそれに伴う環境問題を、新聞やテレビが報道しない日はないといってもいいでしょう。エネルギーに関する問題はそれだけ身近なテーマであり、社會、経済、技術などさまざまな分野と関連しています。そのような多様な側面を持つエネルギー問題の解決に少しでも貢獻するため、當研究室では流體力學や熱力學の視點に立って、エネルギーに関連した教育?研究を推進しています。
エネルギー変換工學研究室燃料電池のモデル流路を用いた可視化実験
工學部機械工學科
擔當教員
角田 和巳
所屬學會日本機械學會/日本航空宇宙學會/AmericanInstituteofAeronauticsandAstronautics(AIAA)
キーワード流體力學、エネルギー変換、コンピュータ?シミュレーション

學べる分野

機械工學

社會のために

気體の流れを知的に制御する技術の確立が、私たちの研究のターゲット。近い將來、私たちの技術が、空気抵抗の軽減や省エネルギーの実現などに応用されることをめざしています。

研究テーマ

研究室クローズアップ

私たちの研究室では、流體力學や熱力學を武器にして、航空機や熱機関の高性能化をめざした技術に挑戦しています。また最近では、次世代エネルギーとして有望な燃料電池関連の研究にも取り組み始めました。

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载