粒狀體力學研究室

粒々を操る機械の開発

砂や塩など、私たちの身のまわりには多くの粒々があり、粒々を操作する機械は世の中に少なくありません。ところが、もっとスムーズに、もっと高速に、粒々を扱いたいというニーズは數多く存在します。當研究室では、それらの粒々に振動や靜電気の力を加えることで、従來の機械よりも容易に操作できる機械を開発する研究を行っています。
粒狀體力學研究室遊戯機器の解析の一例
工學部機械工學科
擔當教員
佐伯 暢人
所屬學會日本機械學會/資源?素材學會/粉體工學會
キーワード力學、リサイクル、循環型社會

學べる分野

機械工學、リサイクル工學

社會のために

現在、企業と共同で、食品から異物を選別する裝置の開発を行っています。この裝置は食品業界での活躍が期待されています。そのほかにも、さまざまな企業と共同研究が進行中です。

研究テーマ

研究室クローズアップ

私たちの研究室では粒狀體、振動、リサイクル、靜電気をキーワードに実踐的な開発、研究を行っています。先生は學生とのコミュニケーションを大切にし、熱心に指導してくださいます。

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载