耐環境構造工學研究室

環境と知能化をキーワードに先進技術開発に挑む!

軽量に加え斷熱性や衝撃吸収性などをあわせ持つ機能性材料の開発を行っています。この材料は、機械?裝置の性能を向上させるとともに、CO2削減や省エネルギーにも寄與する“環境”にやさしい新素材と言えます。また、機械?裝置の“知能化”技術の開発を行っています。図のように、內部にセンサー網を構築し、それらからの情報を刻々と診斷することで安全性を維持することが可能となります。
耐環境構造工學研究室開発中の多點リモートセンシングシステム
工學部機械工學科
擔當教員
宇都宮 登雄
所屬學會日本機械學會/軽金屬學會/日本金屬學會
キーワード航空宇宙工學、先進構造、リモートセンシング、接合技術、シミュレーション、新素材、自動車、センサ、安心、安全、疲労強度評価

學べる分野

機械工學、航空工學、材料工學、デザイン工學、情報工學

社會のために

リモート計測センサーシステムを用いると、地震などの災害後、建物や乗物の破損箇所の特定やその程度(継続使用が可能か、補修が必要か)を容易に診斷することが可能になります。

研究テーマ

研究室クローズアップ
研究室では、私たちのまわりで見かける現象の検証も楽しみながら行っています。たとえば、“曲げると簡単に折れるのに、引っ張るとなかなか切れない”現象の解明を、乾麺を用いて「材料力學」の考え方をもとに試みたりしています。

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载