流體力?流體現象応用研究室

流體のさまざまな特性?能力を工學分野に応用します

流體力を応用した発電、反応の場あるいは熱や物質の輸送手段としての流體の応用など、流體が持つさまざまな特性?能力を工學分野に応用する研究を行っています。また高粘性流體やエアロゾル(気體中に微粒子が分散したもの)の力學特性に関する基礎的な研究も行っています。環境やエネルギーに密接した研究開発により、広く社會に還元できる技術をめざしています。
流體力?流體現象応用研究室定風量換気裝置內の気流シミュレーション
工學部機械工學科
擔當教員
諏訪 好英
所屬學會日本機械學會/日本エアロゾル學會/日本エネルギー學會
キーワード新エネルギー、屋內環境、數値解析、環境汚染、エアロゾル、空気清浄

學べる分野

機械工學、環境工學、エネルギー工學

社會のために

発電関連の技術開発はエネルギー問題への対応として重要です。反応現象に関する研究成果は、大気?屋內環境汚染の対策技術や、半導體製造プロセスなど先端産業に応用されています。

研究テーマ

研究室クローズアップ

どんな技術にもおもしろさがあります。とくに新しいものを研究?開発することには苦しい側面もありますが、目標に到達したときの喜びはとても大きいものです。楽しい雰囲気で技術の面白さを見出していける研究室をめざしています。

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载