知能材料學研究室

やわらかいロボットを設計する

やわらかい材料“ソフトマテリアル”をベースとしたデバイスに関する研究を行っています。外部刺激(電圧、溫度、光、特定分子など)に応答するインテリジェントマテリアルを設計し、有機的に構築されたロボットや駆動デバイスに関する研究を推進しています。システムと材料を結びつけるような研究をめざしていきたいと考えています。
知能材料學研究室自ら歩くゲルロボット
工學部機械機能工學科
擔當教員
前田 真吾
所屬學會日本化學會/応用物理學會/日本ロボット學會
キーワードソフトマテリアル、ソフトアクチュエータ、自律駆動ゲル、高分子ゲル、ケモメカニカル、ソフトロボット

學べる分野

機械工學、応用物理學、材料工學

社會のために

剛性の高いシステムとは異なり、やわらかい材料をベースとしたシステムなので生體との親和性が非常に高いことが特徴です。たとえば生體の中で駆動するデバイスなどの実現が考えられます。

研究テーマ

研究室クローズアップ

剛性の高い材料ではなく、やわらかい材料でつくるロボットをめざしています。人工筋肉などといったような次世代アクチュエータ?デバイスについて研究をしています。このように多方面から機械について考えたい人などにおすすめです。

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载