材料強度學研究室

機械の安全と信頼性向上のために!

當研究室では、自動車や鉄道、飛行機などの輸送機器で用いられる機械要素の強度面での信頼性向上を目的として、ねじや歯車といった機械要素について、材料力學や破壊力學、トライボロジーの面から研究を行っています。また最近では、次世代の輸送機器に多く用いられると考えられるアルミニウム合金製ボルトやマグネシウム合金製ボルトの疲労破壊特性や摩擦特性を調べて、新たな評価方法や締結技術の開発も行っています。
材料強度學研究室ボルトの締り具合を測定する世界初のレンチ
工學部機械機能工學科
擔當教員
橋村 真治
所屬學會日本機械學會/自動車技術會/日本材料學會/日本トライボロジー學會/日本設計工學會/Society of Automotive Engineers
キーワード疲労強度評価、締結?接合技術、機械要素、ボルト締結體、自動車、鉄道、工作機械、マルチマテリアル

學べる分野

材料力學、設計工學、材料強度學、トライボロジー

社會のために

?當研究の成果は、あらゆる機械構造物で利用され、特に軽量化と信頼性が求められる新幹線や自動車などの組立に役立てられています。これからのマルチマテリアル時代に欠かせない機械接合技術の信頼性向上に貢獻します。

研究テーマ

研究室クローズアップ

本研究室は、2013年から新しくできた研究室で、大學院生と學部生12名で楽しく研究を行っています。機械の強度や安全設計をキーワードに、楽しくアクティブに!時には厳しく研究を行っています。

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载