生體機能工學研究室

生體の機能、特性を理解し、人の役に立つ技術開発に取り組む

人の身體は、自ら力を発揮して運動し、內部に流體の循環機構を持つ構造體とみなせます。ですから、身體の外から作用する力や內部に生じる力によって身體の一部が壊れて機能を果たせない狀態がケガです。組織の損傷は循環器疾患の原因にもなります。當研究室では、人の身體の強さや機能の限界を力學的に調べ、ケガや病気のメカニズムの研究をしています。また、ケガや病気を予防する新技術開発も行っています。
生體機能工學研究室高齢歩行者の転倒シミュレーション
工學部機械機能工學科
擔當教員
山本 創太
所屬學會日本機械學會/自動車技術會/日本転倒予防學會
キーワード安心、安全、醫用工學、シミュレーション、醫療、血管、交通安全、高齢社會、高齢者?障害者、自動車

學べる分野

機械工學、醫用生體工學、スポーツ?健康科學

社會のために

「みんなが自分の壽命を元気に全うすること」をサポートするため、ケガの防止や運動の補助をするプロテクタや安全裝置、病気の予測を行うシミュレーション技術の開発をしています。

研究テーマ

研究室クローズアップ

研究を進めていくなかで機械工學はもちろん、醫學や生物學など幅広い分野の知識を得られることが私たちの研究室の大きな魅力です。飲み會やゼミ合宿なども行っていて、毎日充実した日々を過ごしています。

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载