マイクロロボティクス研究室

昆蟲をお手本にした小さくて賢いロボット

小さい世界では、重力は弱くなり、摩擦や表面張力などが強くなります。高い所から飛び降りても大丈夫ですし、壁も歩けます。昆蟲はこのような小さい世界で成功している生物で、複眼や感覚毛など小さい世界で有効な機能を持っており、小さい機械の良いお手本になります。昆蟲の構造や神経系を模倣し、MEMS(マイクロマシン技術)とメカトロニクス技術を融合させたマイクロロボットの実現をめざしています。
マイクロロボティクス研究室アイデアを出し合って楽しく研究しています
工學部機械機能工學科
擔當教員
長澤 純人
所屬學會IEEE Roboticsand Automation Society/日本機械學會/日本ロボット學會
キーワードマイクロマシン、メカトロニクス、ロボット

學べる分野

機械工學、電子工學

社會のために

マイクロロボットは、配管など人が入れない狹い場所の點検修理、災害現場では人を探す機能だけを持つ安いロボットの大量投入、惑星探査における広範囲の環境調査などの応用が期待されています。

研究テーマ

研究室クローズアップ

研究室では、組込マイコンや電子回路、機械構造などの設計?製作設備やMEMSデバイスの製作プロセス裝置などを自由に使って研究を進めることができます。扱う専門分野が広いので、いろいろなことにチャレンジしたい人におすすめです。

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载