計算物質科學研究室

複雑な問題をシンプルに解き明かす

個々の要素は単純でも、たくさんの要素が集まると、ときに思いもよらない現象が生じます。原子や電子による超伝導現象、分子や細胞が織りなす生命現象や脳內ネットワークなどがその一例です。當研究室では統計物理學の手法と最新の計算機を駆使して、これら複雑な現象の背景にあるシンプルな原理を解き明かす研究を行っています。
計算物質科學研究室絵を描いて、アルゴリズムを考案中。。。
工學部機械機能工學科
擔當教員
富田 裕介
所屬學會日本物理學會
キーワードスーパーコンピュータ、アルゴリズム、シミュレーション、磁性體、數理科學、誘電體

學べる分野

物理學、情報科學

社會のために

複雑な現象の構成要素を見つけ出し、計算機などで扱えるようにすることをモデリングと言います。このモデリングの手法は、たんぱく質の構造決定や交通渋滯の解析などに役立てられています。

研究テーマ

研究室クローズアップ

計算機の組み立てから、アルゴリズムの開発、統計物理學を用いた現象の解析など、多岐にわたる研究テーマから自分のやりがいを見つけることのできる研究室です。

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载