分子細胞生物學研究室

老化のメカニズムを追究! -遺伝子から個體まで-

培養細胞を用いた遺伝子工學的手法を用いた解析から、動物個體を用いての行動解析までを通じて、老化のメカニズム(とくに脳老化)の解明に取り組みます。老化のメカニズムの解明は、アルツハイマー病を含めたいまだ治療法のないさまざまな病気の治療法開発にも貢獻できると考えています。
分子細胞生物學研究室神経細胞內のミトコンドリア染色像
システム理工學部
生命科學科(生命科學コース)
擔當教員
福井 浩二
所屬學會北米神経科學學會(SFN)/日本ビタミン學會/國際酸化ストレス學會(SFRRI)
キーワード老化(アンチエイジング)、アルツハイマー病、ニューロン、細胞生物學、タンパク質、脳神経変性疾患、認知癥、脂溶性ビタミン、酸化ストレス

學べる分野

生命科學、食物?栄養學、生物學、老年學

社會のために

細胞培養からの分子生物學的手法や遺伝子工學的手法を用いた解析技術を自らの研究を通じて習得する事で、製薬?食品などの生命科學分野での活躍が期待できます。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载