波動情報システム研究室

音で観る。音で診る。

耳では聞こえない高い周波數の音波を用いて、體の中の情報を得る方法について研究しています。病院では、超音波診斷裝置を用いた診斷が日常的に行われていますが、次世代の診斷裝置の基礎を築のが研究のメインテーマです。また、音波による生體組織診斷のための、超音波顕微鏡についても研究しています。この分野の研究には、ハードウェアからソフトウェアにわたる幅広い知識が必要ですが、だからこそおもしろいのです。
波動情報システム研究室胎児の超音波斷層像
システム理工學部電子情報システム學科
擔當教員
田中 直彥
所屬學會日本音響學會/日本超音波醫學會/米國電気電子學會(IEEE)
キーワード醫療、超音波、信號処理、音響、生體情報、電子回路

學べる分野

通信工學、電子工學、醫用生體工學、超音波工學

社會のために

病院で血流観測に使われる超音波ドプラ診斷裝置では、高速の血流が誤って観測される問題があります。我々の考えた広帯域ドプラ法では、この問題が解消できます。今、実用化をめざして奮闘中。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载