構造數理研究室

自然界に潛む対稱性を分析する

自然界のいたるところに『対稱性』が潛んでいます。數學において対稱性の概念は群(ぐん)と呼ばれる代數構造によって記述されますが、群論の応用が拡がるに伴い『量子群』や『テンソル圏』といった群の概念を拡張する様々な代數構造が考えられるようになってきました。當研究室では、このような群とその仲間たちの研究を通して、様々な理論の背後に潛んでいる対稱性を理解することを目的としています。
構造數理研究室研究ではこのような図式がよく現れます
システム理工學部
數理科學科
擔當教員
清水 健一
所屬學會日本數學會
キーワード數理科學、代數、幾何

學べる分野

數學、情報科學

社會のために

群の概念は、ガロアによる代數方程式の研究の中から見出されました。近年では計算機科學の発達に伴い、暗號理論?符號理論?亂數発生などの実用的な分野へも応用されています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载