最適システムデザイン研究室

ものづくりの基盤となる創造性、デジタルエンジニアリングの研究

デジタルエンジニアリングの研究は、機械系分野の技術+情報技術+創造性の融合が重要なテーマになると考えられます。これら3つのファクターをうまく融合させ、ものづくりを支援することができれば、ものに対する新たな価値を創出することができます。當研究室の研究テーマは、計算工學、設計工學、情報技術の融合によるデジタルエンジニアリングの新たな方法論や枠組みの研究です。
最適システムデザイン研究室研究室の研究範囲
システム理工學部機械制御システム學科
擔當教員
長谷川 浩志
所屬學會日本機械學會/アメリカ機械工學會(ASME)/日本計算工學會
キーワードシステム工學、設計、最適化技法、感性価値創造、構造力學、移動ロボット、自動車、コンピュータ?シミュレーション、サービスデザイン

學べる分野

システム工學、機械工學、総合科學、デザイン工學、情報工學

社會のために

生活や仕事でコンピュータが欠かすことができない時代になりました。當研究室ではそのコンピュータを利用して、「もの」をつくる時や新しい「こと」を考える際の手助けとなる技術を研究しています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载