生體機械制御システム研究室

力を感じ、運動を制御する

生き物が「力」や「変形」を感じる機械受容は、觸覚?聴覚?平衡感覚など、さまざまな重要な感覚の基礎となっています。機械受容は、さらに、細胞の分化などの多種多様な生體機能に影響することが近年明らかになってきており、メカノバイオロジーという新しい學問分野を形成しています。當研究室では、細胞が機械刺激を感じる機構、受容した情報の処理機構、その情報に基づいた運動の制御機構を研究しています。
生體機械制御システム研究室細胞運動の代表的実験材料のクラミドモナス
システム理工學部機械制御システム學科
擔當教員
吉村 建二郎
所屬學會米國 Biophysical Society/日本生物物理學會/日本比較生理生化學會
キーワードバイオセンサ、バイオテクノロジー、バイオナノテクノロジー、細胞工學、制御システム、基礎生物學、タンパク質、DNA、遺伝子工學

學べる分野

生物學、生命科學、生物工學、生物物理學

社會のために

?新規薬剤の開発のためには、その効果を高感度でありながら、簡便で効率よく調べる方法が必要です。遺伝子組み換え単細胞生物を作り、薬効を細胞レベルで検出するバイオアッセイ系を開発しています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载