社會的相互行為システム研究室

數理モデルや調査をふまえて社會貢獻する

社會科學には理論と実証という領域があります。當研究室では、理論的には「ゲーム理論」「ネットワーク科學」、実証的には「統計調査」「フィールドワーク」を主な研究方法としています。また以上の數理モデルおよび社會調査という研究方法に加え、深みのある社會學的なものの見方を重視します。最近の主な研究フィールドは赤羽巖淵エリアであり、ストリートピアノやマルシェの運営?実施といった地域社會に貢獻する活動を通じて、システム理工學的な教育研究を実踐しています。
社會的相互行為システム研究室社會的ジレンマというゲーム理論の有名問題
システム理工學部機械制御システム學科
擔當教員
武藤 正義
所屬學會數理社會學會/國際システム科學學會(ISSS)/日本オペレーションズ?リサーチ學會
キーワードゲーム理論、ネットワーク、ヒューマン?インタラクション、數理科學

學べる分野

數理社會學、社會統計學、データサイエンス、ソーシャルイノベーション

社會のために

卒業生は公務員、文系の素養を持った技術者、メーカーの事務職といった文系と理系の両方の知識を総合的に使う仕事に就いて、社會で活躍しています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载