運転支援システム研究室

目標は自動車の燃費、快適、安全性の改善!

自動車は便利な反面、無駄な燃料消費や運転の負擔、そして交通事故というマイナスの側面も持っています。當研究室はドライバの各種運転特性を解析して最適な支援を探求し、運転をより効率的に、より快適に、より安全に変えることをめざします。そのため、ドライバの認識行動を支援するため走行環境を認識するシステム、より低燃費で運転できるわかりやすい情報提供方法等の研究や自動運転する小型電気モビリティを開発しています。
運転支援システム研究室ドライビングシミュレータで運転特性を計測
システム理工學部機械制御システム學科
擔當教員
伊東 敏夫
所屬學會自動車技術會/システム制御情報學會/日本機械學會/米國電気電子學會(IEEE)
キーワード畫像認識、自動車、シミュレーション、畫像処理、運転支援システム、ドライビングシミュレータ、人工知能、自動運転、インタフェース

學べる分野

情報科學、情報工學、機械工學

社會のために

世界中研究開発が進められているITS(Intelligent Transport Systems)高度道路交通システムのプロジェクトに參加して、交通環境を改善していきます。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载