流體パワーシステム研究室

流體を介してパワーを生み出すシステム

水、油、空気など形の定まらない物質は総稱して流體と呼ばれ、身のまわりにはこれら流體のパワーを応用した機械システムが數多く存在します。當研究室では、これら流體を介してパワーを生み出すシステムに著目して研究展開しています。具體的には、流體パワーに関する特性や制御方法について実験やシミュレーションによって検討を加え、さらに新しい応用分野の提案、新しいシステムの開発をめざしています。
流體パワーシステム研究室空気圧多関節マニピュレータ
システム理工學部機械制御システム學科
擔當教員
川上 幸男
所屬學會日本機械學會/日本フルードパワーシステム學會/計測自動制御學會
キーワード制御システム、流體力學、ロボット

學べる分野

機械工學、流體工學、フルードパワー工學、制御工學

社會のために

輸送機械(自走車?飛行機等)や建設機械では流體パワーを用いて大きな力の伝達をしています。生産工場の工業用ロボットや自動化機械等でも流體パワーは欠かせない重要な技術となっています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室

草蜢社区在线观看免费下载